腕立て伏せと数学


 ジェイ教育セミナー西飾磨校 北垣


「どうやったら数学・算数ができるようになりますか?」

「どうやったらミスがなくなりますか?」

といった相談を受けることがあります。


自分が高校生だったとき、お世話になった数学の先生は


「数学をできるようになりたかったら、腕立て伏せをするんだ!  数学は腕力だ~! 」


と、仰っていました。どういうことか分からず、先生に詳しく聞くと


「君たちは、“面倒だ”“手が疲れる”といって書くことをサボる。それでは数学はできるようにはならない。だから、書いても、書いても疲れないムキムキの腕を作るんだ。」



とのこと。


腕立て伏せはともかく、「書く」ということは、その後の自分の学習スタイルの大きな柱になっています。


途中式を書く / 図や表を書く / グラフに書き込む


気が付いたこと・分かったことをメモする  


こうしたことが、ミスを減らし、ときに数学の神が舞い降りてひらめきを与えてくれます。  

( たぶん…個人差はありますが…)


勉強のやり方・スタイルは人それぞれ違うかもしれませんが、小6テスト会、期末考査、入試などそれぞれの目標に向かってコツコツと頑張っていきましょう!