投稿

★NEW★ 最新の投稿

みなさん、読書をしていますか?

イメージ
ジェイ教育セミナー大手前校 中森
暑い夏の到来です。みなさん読書はしていますか?

もしかしたら読書感想文が学校の課題で出されている人もいるかもしれませんね。
読みたい本が決まっている人や普段から読書が習慣になっている人は、本選びに悩むこともないのでしょうが、そうでない人にとっては、本を選ぶのも一苦労。また、手にとってはみたものの、面白いかどうかわからない本の分厚さに、読む気持ちがしゅるしゅるとしぼんでしまうこともあるでしょう。

そんなときの助けになるのが、皆さんもお持ちの「国語便覧」です。
とはいっても、目次にずらりと並んだ作家名にわくわくできる読書上級者はともかく、どこを見れば参考になるかわからないという人は多いでしょう。

そんなみなさんにお勧めしたいページが、「芥川賞・直木賞」作家の一覧です。「そんな難しい本…」と腰が引けてしまいそうですが、そんなことはありません。何と言っても、受賞作品はだいたいどれも面白いのです!

大まかに分けて、芥川賞は純文学、すなわち人間心理を深く追究するような作品に与えられる賞です。直木賞は大衆文学に与える作品賞です。映画やテレビドラマになりやすいのが直木賞、と考えてみてもいいでしょう。今のあなたが興味のあるのはどちらでしょうか。

そこまでわかれば、あとはタイトルや作家名を見て何となく気になった作品を手に取ってみるだけです。

もちろん、賞の選考も時期ごとの流行などに左右されますし、名作が賞から漏れることもありますが、それでもやはり大きな賞。基本的に力ある作家が選ばれるので、好みに合うか合わないか、はあっても、大ハズレな作品はあまりありません。

さらにもう少し読書通になりたかったら、受賞作のひとつ前の作品を手に取ってみるのもオススメです。

なぜかというと、「芥川賞・直木賞」は、ある作品で以前話題になった作者の新作が賞の候補に挙げられるので、その作者がその才能を世の中に知らしめた作品というと、受賞作の前作であることが多いのです。

また、世界の文学に興味があるなら、「国語便覧」の外国文学のコーナーを見て名作を知るのもいいのですが、私のお薦めは「ノーベル文学賞」の受賞作です。「また小難しいことを…」と言われてしまいそうですが、テーマは深くても意外と読みやすいものも多いのです。世界中に翻訳されて評価されるのだから、考えてみれば当然かもしれません。

私の手元…

異常気象について思うこと

イメージ
ジェイ教育セミナー大手前校 田渕
8月に入り、一気に夏本番の暑さ、天気になりました。今年は7月31日に近畿の梅雨明け、そして8月1日に東海、関東の梅雨明けの発表となり、観測史上3、4番目くらいの遅い梅雨明けのようです。 塾生の皆さんはまだ梅雨明けの時期をあまり意識しないかも知れませんが、例年の感覚からすると7月20日頃に梅雨明け、そして丁度夏休み(今年はコロナの関係で例外ですが)に入る7月21日あたりから一気に夏空が広がり、にわかにセミの鳴き声が喧しくなる…、そんな季節感があります。それが今年は10日もずれたということになります。 今年の長雨や豪雨災害など、最近非常に懸念するのは“地球規模の異常気象”です。「地球の温暖化」が問題となり、その原因である二酸化炭素の削減が叫ばれ、随分久しいと思います。近年危惧するのは、“数十年に一度”の豪雨という報道で、特別警報が出るようになりましたが、それがほぼ毎年地域を問わず各地で起こっていること、それがいよいよ今年の梅雨の期間には、九州地方で2か所、東北地方で1か所と、一時期に3か所も河川氾濫が起き、人々の暮らしを一変させてしまいました.。中には、コロナの影響により、営業を自粛、やっと再開という矢先の被災という方の報道を聞くに、非常に心痛いものがあります。 この地球規模の大変化に対して、私たちに何が出来るのでしょうか。交通・通信・くらしはますます便利になり、私自身もその生活を享受しているので、えらそうな事は言えないのですが、今私達人類が技術の革新を追い求め、非常に快適な生活をしていることを現代に生きる一人一人が強く認識し、これからの世代に何が出来るか、問い続ける必要があるかと思います。

受験生のみなさんに伝えたいこと

イメージ
ジェイ教育セミナー赤穂駅前校 淡井
こんにちは。赤穂駅前校の淡井です。さて、8月に入りました。受験生のみなさん、ここまでを振り返っていかがですか。つまり、計画通り学習は進んでいますか。もしそうであれば、がんばっていますね。その調子で。一方では、まずいなあと感じている人もいるのではないでしょうか。今日は、そんな人にお伝えしたいことがあります。

一番心配しているのは、「どうせ自分はだめだ」などと自分を責め、ますます学習から遠ざかる人が出てしまうことです。そうではなく、「自分にもできるかも」という続けられそうな方法を取り入れましょう。

たとえば、なかなか学習に取りかかれない、と悩んでいる人はいませんか。
そんな人には「この時間になったら、とにかく机に座る」という方法をおすすめします。

実は、私も、「帰宅したらシャワーを浴び、まず英単語・リスニングの学習をする」と決め、実行しています。もちろん、日によっては、情けないくらい短時間で就寝してしまう日もあります。ただ、これを決め実行していなければ、私の学習量、読書量は今よりも少なかったであろうことは確実です。たとえ少しずつでも、自分は成長している、という実感があります。だから昨日も机に向かえたのだと思います。

みなさんも、自分の成長を実感できる夏となりますように。


ティラノサウルスの体は羽毛に覆われていたか?

イメージ
ジェイ教育セミナー相談役 福永
ティラノサウルスは6600~6800万年前に実在した最大体長13m、体重9tの大型肉食恐竜で「最強の恐竜」と言われています。

従来は、体表は地味な灰色のウロコというイメージでしたが、近年「羽毛で覆われていた」という説が出て、カラフルな羽毛に包まれたティラノサウルスが描かれた図鑑も出版されています。

このように定説が見直されることは自然科学では結構起こります。新たな発見がそのきっかけとなることが多く、恐竜の場合、1995年から中国で続々と見つかった「羽毛恐竜」の化石です。羽毛や毛など体表の痕跡が化石に残ることは普通ないのですが、特殊要因が積み重なって、細かな体表の様子が化石として残った地層が発見されました。現在約20種の「羽毛を持った恐竜」が発見されているのですが、そのうち2種がティラノサウルスの近縁種です。
体長1.6mのディロング(2004年)、体長9mのユウティラヌス(2012年)の2種で、このことから「ティラノサウルスも羽毛に覆われていた」と言われだしたのです。

ここで1つ注意が必要。鳥類の「羽毛」や哺乳類の「毛」は保温のためのもの=恒温動物(体温が一定)であることが前提となります。よって少なくともティラノサウルスのなかまは現在の爬虫類とは違って恒温動物であったことは確かなようです。

最後に「ティラノサウルスの体は羽毛に覆われていたか?」については「わからない」が現状です。
ただ、有力な説は次の通りです。

①成体のティラノサウルスは羽毛をもっていない。またはもっていたとしても体のごく一部。
②幼体のティラノサウルスは羽毛に覆われていた可能性もある。

根拠は体の大きさと環境条件です。

体が大きいと体積の割に表面積が小さくなり、熱の放射が妨げられます。ティラノサウルスの生息域は温暖であったので、「羽毛で覆われると『熱中症』になってしまう」、というのが根拠です。では大型のユウティラヌスの場合は? 

実はユウティラヌスは生息域が寒冷地であることがわかり、大型でも保温のため羽毛が必要だったと考えられています。

「ティラノサウルスの羽毛」の最終結論は今後の研究に委ねられていますが、新たな発見に対して「仮説を立てる→検証する→結果を考察する」をくり返すこと。これが自然科学の面白みといえるでしょう。

高校の国語の勉強について

イメージ
ジェイ教育セミナー広畑校 吉田
みなさんこんにちは。今日は主に高校生の国語の勉強についてお話させていただきます。今年の夏は例年と違い夏休みと呼べるようなものがほとんどないという状況かもしれません。そんな限られた時間の中で各学年で最低限やっておきたいことを記していきます。

―1年生は古典文法「用言と助動詞」の暗記―
高校1年生の場合、今はとにかく数学と英語を徹底する意識から国語に割く時間はなかなか取れていないのが現状かもしれません。その短い時間の中で国語としてやっておきたいのが古典文法です。
学校でも覚えるように言われるかもしれませんが、特に取り組んでほしいのが用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と助動詞の暗記です。この2つを暗記すれば、古典文法で暗記することの半分以上は終わったと言われます。助動詞の一覧を古文の文章の中で使いこなせるかどうかは今後の課題として、まず暗記しましょう。漢文でも書き下し文は古典の文法に則っているわけですから、漢文の学習にも当然役立ちます。将来の入試に対して重要なだけでなく、今後の古文・漢文の定期テストなどの準備でも大幅に時間が短縮できるでしょう。


―2年生は古典文法の復習と古文単語―
高校2年生の場合もこの夏やっておきたいのは古典文法の復習でしょう。
助動詞を覚えきれていない人はそこから始めなくてはいけませんし、敬語の暗記やその使い方、助詞など実際に問題として問われやすい項目がまだまだ覚えるべきものとしてたくさんあります。3年生になって文法項目を一から暗記している時間などありませんからやるなら今しかありません。その他に古文の重要単語についても意識して覚えていきたいですね。古文単語に使える時間が限られているなら、この夏の間でとりあえず100個とか形容詞・形容動詞だけ覚えるとか、量や範囲を限定して徹底する方が効率的です。とくにおすすめは形容詞・形容動詞です。他の動詞や名詞は後からでも覚えるのにそれほど時間はかかりません。古文の単語は、英単語と違って単語の難度が品詞によって一様ではないことを知っておくとよいでしょう。


―3年生はそろそろ共通テスト対策を―
高校3年生の場合は、そろそろ本格的に入試を念頭において事を進めていく必要があります。
特にみなさんにとって関心が高いのが今年から導入される共通テストでしょう。見た目にはこれまでのセンター試験と異…