投稿

★NEW★ 最新の投稿

中3 志望校別特訓 実施報告

イメージ
 【 ジェイ教育セミナー龍野校 佐野 】 中3生対象の志望校別特訓No.1が全校終了しました。テキスト『近畿の高校入試』等を用いて、入試問題の実戦演習を重ね実力をつけていくのが目的ですが、実際の入試問題に臨み「なかなか手強いな!」と感じられた人も多いのではないでしょうか? 私自身も、授業で目の前の生徒の皆さんの様子を見て、そのように感じました。 入試問題は練りに練られて“完成”しています。皆さんの多くは、現時点でその“完成”された入試問題を豊富に練習してきたわけではないのですから、そのように感じるのはごく当然なことです。 入試問題の実戦演習が本格化する今から、皆さんへ3点お願いがあります。 ①家でも入試問題を解答するときは、時間を設定しよう 入試は時間との戦いです。今のうちから、「この問題は▲▲分で解く」と目安の時間を意識して練習を重ねましょう。 ②とにかく、自分が思いついた方法で解いてみよう 授業では、講師が解法や、問題を解く上での着眼点を伝えていきます。自分で考えた方法が間違っていても、講師の解説を聞いてもらい「あっ、こう考えると簡単だな!」と驚きや感動があれば、インパクトとなって頭に残ります。今は間違っても構いません。ぜひ、自分が思いついた方法でどんどん手を動かして解答していきましょう。 ③解答後、答え合わせの際に解説を読み込もう 家で問題を解いて答え合わせをしたとき、間違った問題について解説を読み込んでいますか? 例えば、国語の文章読解で主人公の心情を読み取る選択問題でも、なぜその選択肢が間違いなのかのポイントが示してあります。解説は、もちろん皆さんの考えを修正し、理解を深めるための説明なのですから、これを読み込まない手はありません。 しばらくすると、2学期中間考査がやってきます。中学校によっては、その前後に10月実力考査、また11月・12月は多くの中学校で実力考査が実施されます。先日の宮越先生のブログにもありましたが、テストの回を追うごとに入試問題レベルの出題が多くなります。今の高1の先輩方も高2の先輩方も、さらには高3の先輩方も、みんな『近畿の高校入試』や『全国高校入試問題』を何回も練習することで実力アップを図ってきました。 しんどいときもあるでしょうが、ぜひ自分の夢をあきらめないでください。練習量はウソをつきません。繰り返しの練習こそが実力アップの近道

星空を見上げて

イメージ
 【 ジェイ教育セミナー大津校 橋本 】 みなさんこんにちは、またハシヒデです。勉強をテーマにしたブログを書かない私なので「あ~今回ハズレや~」と思われた方は次回以降のブログをご覧ください。 秋分の日が近づき、日が沈むのも早くなってきました。この季節になると仕事帰りにふと夜空を見上げることがあります。街明かりであまり星が見えませんが、ぼ~っとどの方角ともなく見上げながら 「宇宙ってどこまで続いてるんだろう…」 「今見えている星たちはどのように生まれてどのように消えていくんだろう…」 「時間と空間って何なんだろう…」 「昔の人は星と方位磁針を頼りに大洋を航海していたなんてすごい…」 「生命の祖先ってどこから来たんだろう…」 「織姫と彦星は年に一度しか会えないんやなぁ…」 などと何となく考えます。 こんな風に書くとロマンチストっぽいですが、しばらくすると 「あっ!銀河系とアンドロメダ銀河は数億年後に衝突するヤバい!」 「あっ!太陽の寿命はあと50億年、40億年後には地球が太陽に飲み込まれる、人類ヤバい!」 「あっ!人類が移住しようと思っても、最も近い恒星プロキシマ・ケンタウリまで4.24光年、遠すぎるヤバい!」 「あっ!織姫と彦星、寿命を10億年とするとそのうち1年に一回会うってヒトの一生にしたら2秒に1回会ってる計算や、会いすぎヤバい!」 ※諸説あります と、どうしようもないことを真剣に考えてしまいます。 太陽では1秒間におよそ500万トンの水素が核融合反応でヘリウムに変わり、その反応する質量の0.025%が光と熱に変化しているそうです。 宇宙とハシヒデの頭の中はいったいどうなっているんでしょうね? みなさんもたまには夜空を見上げてみませんか?

大山の様子

イメージ
 【 ジェイ教育セミナー大山担当 河村 】 まだ暑さは残りますが、朝晩は涼しくなり、少しずつ夏の終わりを感じるようになってきました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。 大山でも、日が落ちると肌寒くなってきて、ひしひしと夏の終わりを感じます。稲穂も首を垂れはじめ、もう少しで「実りの秋」を迎える気配を感じます。 今年の夏は、例年になく長雨が続きました。大山がある鳥取県西伯(さいはく)郡では、7・8月の降水量が過去最高になったこともあり、例年とは違う様子を見せています。 ↑そばの苗 上の写真はソバ畑の様子です。例年、9月上旬~中旬ごろに満開を迎え、人々の目を楽しませるのですが、今年は雨の影響で種蒔きができず、例年より1週間くらい見ごろが遅れるようです。満開になると、下の写真のようになります。 2020年のそば畑の様子 今はコロナ禍で、県をまたぐ移動の自粛を求められていることもあり、大山修学荘を利用したイベントの実施が難しいですが、情勢が許せば、皆さんと大山修学荘でお会いできればと思います。

「エスディージーズ」って知っていますか?

イメージ
 【 ジェイ教育セミナー今宿校 竹井 】 ブログを書く日になり、「どんな事を書こうか?」と考えていたのですが、まず、ブログを書いている今日(9月4日)がどんな日なんだろう?(だったのだろう?)と思い、調べてみました。 色々な記念日があるようなのですが、「世界初の本格的な海上埋め立て空港」「日本初の24時間空港」ということで、当時(1994年)大きなニュースにもなった「関西国際空港」が開港した日。国の国際拠点空港に指定されました。また、歴史で勉強する「サンフランシスコ講和会議」がありますが、この会議が開幕したのが1951年9月4日。他には「日本航空(JAL)の完全民営化」(1987年9月4日)、「東京ディズニーシー グランドオープン」(2001年9月4日)などがありました。 そこで今回は「歴史」に関する話題を取り上げてみたいと思います。 「田中正造」という人物がいます。(歴史を勉強された人は、聞いたことがある名前だと思います。)この人は、栃木県の足尾銅山で明治時代に起きた鉱毒事件で、「日本で初めての公害問題」に取り組んだ栃木県出身の政治家です。この人が亡くなったのが1913年(大正2年)9月4日です。 足尾銅山の鉱毒問題について、「一人になっても、命を懸けてでも」の覚悟で、国のため、国民のために闘ったのだと思います。明治23年の第1回衆議議員選挙では当選もしています。(衆議院議員第1号です) 「毒を流す 悪さ止めずば 我止まず 渡良瀬利根に 血を流すとも」 と言っているように、問題解決に向けて、決死の覚悟で明治天皇に直訴。結果的に、志半ばで、人生を終えることになりましたが、「こうした心意気を持つことは必要だな」と感じました。 さて、最近よく耳にする「エスディージーズ」。「SDGs」と表記されていますが、「Sustainable Development Goals」の頭文字を取ったもので、「持続可能な開発目標」と訳されています。「2030年までに世界の人全員で協力して解決するべき目標」で、これから未来に向けて、「今以上に世界が良くなるための目標(取り組み)」という事になります。 身近なこととして、例えば「節電」「食べ物を無駄にしない」「エアコンの設定温度を冬は低め、夏は高めに」「いらない衣服や本の寄付」など・・・。 先の「田中正造」のように、「一人になっても、命を懸けて

いよいよ志望校別特訓

イメージ
 【 ジェイ教育セミナー安室校 宮越 】 夏休みも終わり、中3の皆さんは9月の実力テストの結果が返ってきている頃かと思います。私が勤務している安室校の近隣の中学校でも結果が返って来ており、生徒から「学校のテストの平均点が50点なかった」という声も多く聞こえます。 そうです。これからの学校の実力テストはほぼ公立高校一般入試レベルの問題が出題されるため、難度が跳ね上がります。また、広い範囲から出題されるため、一朝一夕では対策できません。 そこでジェイの志望校別特訓です。ジェイの夏期講習を受講してくれたみなさんは、この夏、予習と復習に全力を注ぎました。例えば英語では中学校で学習する文法単元のほとんどを学習するなど、下地を作ってきました。ここからはいよいよ『近畿の入試問題』『全国入試問題』などを使って、入試の実戦演習を行います。いままで培った知識を生かして、入試問題に挑戦し、実戦で活きるピンポイントの解説を行います。実力テストの対策はもちろん、入試本番で発揮できる実力を養っていきます。また社会は公民分野の先取り授業を行い、1月から地理・歴史・公民の三分野そろった入試問題に取り組めるように、下地を作っていきます。 さらに志望校別特訓の会場には複数の校舎から生徒たち集まります。普段の授業とは一味違う緊張感のもと、さらに細かいクラス分けで、ライバルたちとしのぎを削り、自身が今どの位置にいるか、何が足りないか、実感しながら学習します。もちろん消毒や換気など、感染対策は十分行いますので、ご安心ください。 そして今年度は、例年より一足早く姫路西高・姫路東高推薦入試特訓を実施します。第4学区屈指の難度の入試に備え、本物の実力を早期から培っていきます。 中学3年生のみなさん、これからが勝負です。内申はこの2学期の成績に大きく左右されます。学校のテストも毎月実施され、待ったなしです。悔いを残さぬよう、全力で戦い抜きましょう。そんなみなさんをジェイの講師一同、全力でサポートします。さあ、未来を勝ち取ろう!