投稿

★NEW★ 最新の投稿

漢検の勉強方法についてのアドバイス

イメージ
ジェイ教育セミナー国語科 寺田今回、漢検の効率的な学習方法についてまとめてみました。どのように漢検の学習をしたらよいかと悩まれている方の参考になればと思います。練習を開始する前に、漢検の出題範囲の漢字の中で、何ができていなくて、何ができているかをはっきりさせましょう。そのためには、漢検の過去の問題と練習問題の両方が編集されている、漢検協会編の「問題集」を購入し、準備をします。最初に、「漢字の音訓」で自分が弱い漢字をあぶりだしましょう。(ジェイで使用している「昇級式漢字トレーニング」でもできます。)
自分が自信ありの漢字はノーマーク、自信なしには「×」印をつけておきましょう。
さて、練習を始めるに当たって、まずは漢検ではどのような問題形式で出題されているのかを調べておきましょう。級にもよりますが、大体は以下を目安にして学習してください。
①「漢字の読み・書き」の問題練習方法:訓読みは送り仮名まで覚える必要があります。漢字の意味がわからない時には辞書で調べておきましょう。音読みは熟語も覚えるようにしましょう。自信のない漢字だけで大丈夫なので、受験する級の「問題集」やジェイの「昇級式漢字トレーニング」で、読みや書きの練習をしておきましょう。

②「画数・書き順・部首」の問題練習方法:自分の弱い漢字だけに絞って、総画数や書き順、部首名を覚えましょう。部首は漢字のどの部分かまでおさえておきましょう。

③「熟語の構成」「四字熟語」「類義語・対義語」の問題練習方法:「問題集」の過去問で「熟語の構成」なら「熟語の構成」の問題だけに絞ってやり切りましょう。間違えた漢字については、「問題集」に「×」印をつけておきましょう。その他の「四字熟語」「類義語・対義語」についても同じ要領です。
④「誤字訂正」「同音訓異字」の問題練習方法:「問題集」でひたすら何度も解きましょう。間違えたところは「×」印をつけて、できるようになった時には「○」をつけておきましょう。ただし、「×」を消さずに、「×」を「○」で囲んでおきましょう。


⑤「最後の仕上げ」は過去の問題全体で何点くらいとれるかをまず調べましょう。100点の内の80点以上が目安です。100問出題されますので、80問以上、解ければ良いということです。現実はもっと正答率が低くても合格できますが、事前の練習での成果は合格ラインを高く見積もっておくのが良いと思われま…

中間テストが終わった今、中3生がすべきこと

イメージ
ジェイ教育セミナー西飾磨校 長谷川
多くの中学で中間テストも終わり、次に控えるのは11月実力。これが終わると期末テストに向けてまっしぐらの状態に。理解できないところがあろうが、副教科が苦手であろうが、死に物狂いで9教科を仕上げにかからねばなりません。その後すぐに12月実力があり、気がつけば進路懇談に通知表、冬休み…、と怒涛のスケジュールが待っています。
中間テストが終わったところだし、少しゆっくりして、また11月になったら勉強して…、と考えがちですが、受け身的にやって来た課題をこなしているだけでは、自分の弱点克服の時間がとれないことは明白です。
そのうえ、11月実力はまさに「実力テスト」で、「課題考査」ではありません。ワークの丸暗記で乗り越えられないテストであることがほとんどです。イメージとして近いものはジェイの「公開テスト」です。範囲表もかなり大雑把なもので、各科目とも単元名しかないものや、これまで習った範囲全て(~まで/○○は除く)というものがほとんどです。
そこで、中間テストの後のこの機会にこそ自分のための弱点克服をしてほしいと思います。素材は何でも構いません。「ジェイのテキスト」、『全国入試問題正解』、『近畿の入試問題集』、「学校のワーク類」、これまで受けた「公開テスト」、「学校のテスト」など、探せばいくらでも材料はあります。弱点単元がはっきりしている場合は、ピンポイントで問題集の単元に戻るべきです。また、弱点が科目単位なら『全国入試問題正解』などを使って、入試問題に多く触れる時間を作ってください。
ただし、ジェイの宿題をそっちのけというのは本末転倒です。あくまで授業と宿題はしっかりとこなしたうえでの話です。焦らず、コツコツ、バランスよく日々過ごしてください。がんばろう!
あと、中3生の進学説明会が11/7(土)にあります!本日10/24(土)が締切りですので、中3生の塾生の皆さんは出欠届の提出をお忘れなく!



今日は何の日?

イメージ
ジェイ教育セミナー相生校 竹井
日本人である私たちにとっては想像するのが難しいことですが、第1次世界大戦がヨーロッパに与えた精神的な打撃には、計り知れないものがあったようです。戦争の結果、古い血筋を誇る王家がいくつも倒れて民主制の国家が誕生したこと、史上初の社会主義国が誕生したこと、新たな独立国が誕生するなどして戦前の国境線が多く変更になったことなど、生き残った人たちは社会の大きな変革を目の当たりにすることになりました。ある人たちは、悲惨な結果しかもたらさなかった第1次世界大戦で、理性に基づく近代ヨーロッパの伝統は終末を迎えたと考え、従来の常識からはるかに自由な発想を行って、「アプレゲール(après-guerre)」と呼ばれるようになりました。その「アプレゲール」の思想の一部は、ダダイスムという形で大正から昭和の初期にかけての日本にももたらされました。ダダイスムは、一口に言えば、反理性主義の立場に立ち、旧世代への反逆を掲げる一派ですが、今日のブログで紹介したい中原中也もまたダダイスムに影響された詩を書いた人として有名です。

トタンがセンベイ食べて春の日の夕暮は静かです
アンダースローされた灰が蒼ざめて春の日の夕暮は穏かです
ああ、案山子はないか――あるまい馬嘶くか――嘶きもしまいただただ月の光のヌメランとするままに従順なのは春の日の夕暮か

(「春の日の夕暮」冒頭)
どうでしょう。ダダとは何かを知るための一端にでもなればいいのですが・・・

詩人・中原中也は、1937年(昭和12年)今から83年くらい前の今日、10月22日に亡くなりました。彼の30年の破天荒な人生はWikipedia等でも紹介されているので、興味のある方はぜひ読んでいただければと思います。小中学生の皆さんも高校になれば必ず読む(読まされる)著名な評論家に小林秀雄という人がいますが、その小林との複雑な交流関係が、もう20年以上も前に漫画化されていて、一時、私も面白く読んだことを覚えています。



秋の草花について

イメージ
ジェイ教育セミナー新飾磨校 松下
10月に入り、秋も半ばになった頃ですね。今回は身近な秋の草花のお話をしようと思います。
先日の日曜日。そろそろ家の庭の草引きをしないといけないと思い、授業に行く前に2時間ほど草引きをしました。盆休みに草引きをしたところでしたが、2ヵ月ほど経つとすぐに雑草というものは伸びてきます。引いても引いてもすぐに伸びてくる。雑草の生命力はすごい。2時間程屈んで草引きをして、立ち上がると、腰がそこそこ痛い。小学生の頃はそれほどでもなかったのに、年を重ねるとすぐに体にきます。今回、草引きをしていて、虫とはあまり出会いませんでした。昔は、バッタやコオロギなど、結構いましたが、今はそれほど繁っていないこともあり、見つけられませんでした。地面にはセミ穴が数か所あり、どこまで続いているのか掘ってみたかったのですが、時間がないので断念。ある程度、草を引き終わったところで作業を終了しました。
小学生の頃は、秋になると、近所の栗の木に登ったり、木を蹴ったり、石を投げてイガグリを落としたりして栗を拾い、母にそれを茹でてもらい食べたものでした。大きくはない栗でしたが、それなりにおいしかった記憶があります。(今はその栗の木も、切り倒され、宅地に変わってしまいました。)また、小学校の校庭にイチョウの木があり、銀杏を拾って家に持ち帰り、炒ってもらって、これも素朴なおやつになりました。そういえば、銀杏の汁が付くとかぶれてしまうのはご存知ですか? 昔からその事は知っていたのですが、当時、必死になって銀杏を集めていて、汗をかいたので水道場に行って顔を洗おうと、銀杏を触った手で(かぶれないよう、ちゃんと手は洗ったつもりだったのですが)顔を洗ったものですから、その日の夜、顔中かぶれてしまい、顔がほてって寝られなくなったことがありました。これは今でも苦い思い出となっています。
そして、通学路には彼岸花が咲き、ジュズダマを集めたりもしました。草むらに入ると、靴下にオナモミやセンダングサの種がつき、取るのが大変でした。また、オナモミなんかは、面白がって投げて友達の背中にくっつけるといういたずらもよくやったものでした。家の近くにはキンモクセイが植えられていて、いい匂いが漂っていました。今はそのキンモクセイもなくなってしまったので、少し残念な気がします。
大人になり、外に出て歩くことも少なくなり、…

未来へ

イメージ
ジェイ教育セミナー大津校 橋本
みなさんこんにちは。涼しくなって秋らしくなってきましたね、ロボット担当ハシヒデです。このブログをご覧のみなさんはロボットといえばどの様なものを思い浮かべますか?私が子供の頃のロボットというと(世代がバレますね)、マジンガーZやガンダム、ドラえもんに銀河鉄道999など(かなりマニアックなところまで行けると自負しています(笑))です。それをテレビアニメで観ていたころはロボットの動きや必殺技にワクワクドキドキしながら、それでいて「こんなこと本当にできるのかな?」と思ったりもしていました。しかし技術は日進月歩で、現在では航空機や自動車の自動操縦どころかAI(人工知能)がロボットを制御する時代になりつつあります。掃除機などはもう完成された感がありますね。これらの技術が開発される発想の源はやはり「こんなことできたらいいな」という願いや夢でしょう。マジンガーZやガンダムは操作レバーやアクセルを使っていますが、ドラえもんや銀河鉄道999は完全なAIです。数十年も前にその様なものがアニメの形でイメージされており、それが現実になりつつある…人間の想像力ってすごいですね。そう考えると人類の未来は子供たちの想像力にかかっていると言っても過言ではないでしょう。
私の子供時代を振り返ってみると日々いろんなことを想像(妄想?)して、それらを絵にかいたりブロックで形作ったりしていました。お小遣いもすべてプラモデルに変わってしまいましたが、めちゃめちゃ楽しかったです。この歳になってもその楽しさを失いたくないと思いながらの毎日ですね。未来を創っていくのは子供たち自身です。ロボット相撲大会にも表れたように、生徒の想像力は大人が考えつかないくらい豊かですから、私たちはその力を伸ばす礎であり踏み台でありたいと思います。今はロボットの大会出場を目標として取り組んでいますが、将来は生徒から「こんなことできたらいいな」を出してもらってそれを生徒・講師が一つになって形にする。そんな授業が「できたらいいな(実現するのが我々の仕事ですっ)」と妄想?想像しています。